現在のページ : TOP PAGE

妊婦と便秘の関係

妊娠すると、なぜ便秘をする人が増えるのでしょうか。「赤ちゃんを産むために、ホルモンが変わるからだろう」「胎児によってお腹が押されるからだろう」と思われる方も多いかもしれませんが、実はいろいろな理由があるのです。ここでは、妊娠と便秘の関係について迫ってみましょう。

妊娠すると便秘するわけはホルモンのせいという意見もあります。実は妊娠すると黄体ホルモンが多量に分泌され、このホルモンの作用で腸の働きが抑制されてしまいます。さらに、このホルモンの特徴は、食物を外に出す平滑筋の収縮機能を弱めてしまうと言います。

また、水分が赤ちゃんに吸い取られることも問題です。お腹の赤ちゃんが水分を必要としているため、便の水分が失われて便秘になる、とも言われています。さらに、大きくなった子宮が、直腸を圧迫するからといわれています。「便秘くらいで医者にかかるのはちょっと」という方もいらっしゃるかもしれませんが、赤ちゃんもお腹にいることですし、できればスッキリ出したいものです。それでも、便秘が続くようであればおすすめなのは、産婦人科の担当医に相談することです。赤ちゃんに負担がいかない便秘薬を処方してもらえることもありますし、食事指導などの改善方法もしてもらえます。

このサイトでは、妊娠中の方が悩みがちな便秘ケアについてご紹介します。妊娠している人が便秘を解消するためのコツとして、少しでも役立てていただければ幸いです。

○特選サイト
妊娠している人でも安心して摂取出来る便秘解消用のオリゴ糖食品の通販サイトです・・・便秘 解消